断熱フィルムの効果と選び方


断熱フィルムの優れた効果

当サイト「飛散防止・断熱フィルムおまかせWEB」を運営するビビッドが、断熱フィルムの効果をご説明します。

断熱フィルムの選び方はこちら

断熱に加えて、遮光、紫外線カット、目隠し、結露防止など、製品によって様々な効果を併せ持つ断熱フィルムですが、やはり一番のメリットは、断熱効果によって1年中快適な室内環境が得られるとともに光熱費を削減できることです。

快適&省エネ!

断熱フィルムの最大の特徴は、日射しを反射・吸収できること。窓ガラスに断熱フィルムを貼ることにより、夏は室内に入る熱を抑えることができ、冬は室内の熱を外に逃げにくくできます。

これにより、夏涼しく冬暖かい快適な室内環境を保つことができ、エアコンなどの光熱費を削減できます。

窓の断熱が快適空間をつくるポイント!

熱は主に窓から出入りしています。
暑い夏に冷房を使ってもなかなか室温が下がらないのは、窓から室内に熱が入ってくるため。寒い冬に暖房を使っても、なかなか室温が上がらないのは、室内で暖められた熱が窓から外に逃げてしまうため。窓の断熱性能によって室内の環境は大きく変わってくるのです。

夏は窓から熱が入ってくる 冬は窓から熱が逃げていく
夏:冷房時(日中)に窓から熱が入る割合 73% 冬:暖房時に窓から熱が流れ出す割合 58%
ペアガラスの落とし穴

最近は住宅の断熱性能が注目されており、その一環としてほとんどの新築においてペアガラス(複層ガラス)が採用されています。しかしながら、「ペアガラスなのに暑い」というご家庭も多いのではないでしょうか?

ペアガラスは暖かい“空気”が室内に侵入するのを防ぐ効果はありますが、太陽“熱”の侵入を抑える効果はそれほど高くありません。太陽熱は物質を介さずに移動できるため、空気層があっても通過して室内に侵入し、室温を上げてしまうのです。

左右にスクロールして、内容を確認することができます。

空気の侵入は抑えられる 日射には効果が薄い
空気の侵入は抑えられる

そこで効果を発揮するのが断熱フィルムです。断熱フィルムは熱の遮断性に優れているため、ペアガラスでは効果の期待できない太陽熱の侵入も十分に防止できます。

日射には効果が薄い

窓ガラスの熱割れ

ご存知ですか?
窓ガラスは太陽の熱で意外と簡単に割れてしまうんです!

太陽熱によって窓ガラスが破損する現象が「熱割れ」です。
1枚の窓ガラス上であっても、直射日光が当たっている部分と当たっていない部分があります。
直射日光が当たっている部分は暖まって膨張しますが、直射日光が当たっていない部分(障害物などで陰になっている部分)はあまり暖まらず低温のままとなります。

その温度差により熱割れが起きるわけです。

どんな窓ガラスにも熱割れのおそれがあるため、当社では断熱フィルム施工前に、ご希望のフィルムを貼ってもガラスが割れないかを必ず検査(熱割れ計算)しています。熱割れ計算をした結果、熱割れの懸念がある場合はきちんとお伝えして、フィルムの変更や施工の中止をご案内しています。

熱割れ計算とは?
熱割れは、窓が向いている方角や窓ガラスの種類、日陰の状態やカーテンの状態、施工条件などが複雑に影響しあって起こります。熱割れ計算とは、事前に使用環境を考慮し、発生する「熱応力」を推定することで熱割れのリスクがあるかどうかを調査するための計算です。

どんな断熱フィルムを選べばいい?

エコへの関心が高まるなか、特に暑い夏に向けて断熱フィルムの導入を検討される方が増えています。ですが、様々なメーカーが断熱フィルムを販売しており、その種類・価格も多岐にわたるため迷ってしまう方が多いようです。

見た目では、色が付いているタイプか透明タイプ。性能では、熱吸収タイプや熱反射タイプなどなど

  • いろんなメーカーがあって、どれを選べばいいのか分からない
  • うちに適した製品ってどれ?

このようにお考えのみなさまのため、以下では「断熱フィルムの選び方」をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「断熱効果を重視するか美観を重視するか」

左右にスクロールして、内容を確認することができます。

フィルムのタイプ フィルムの色 断熱効果 紫外線カット率
熱吸収タイプ断熱フィルム 透明 30~50%カット 98%カット
熱反射タイプ断熱フィルム シルバー
グレー
ゴールド
30~80%カット 98%カット

上記の表は、代表的な断熱フィルムメーカーの16種類の断熱フィルムを参考にまとめたものです。
熱反射タイプの断熱フィルムは断熱効果に優れていますが、フィルム内に金属膜を付けて熱反射させるため、フィルムに若干の色が付いてしまいます。フィルムを選ぶ際は、断熱効果を優先するか美観を優先するかを決めておくのが重要です。

当社にご相談いただければ、ご予算・ご要望に合った最適な製品をご提案させていただきます。

「飛散防止性能が付いたフィルムがおすすめ」

せっかく断熱フィルムを貼るのであれば、窓ガラスの飛散防止性能も備わったフィルムを選んだほうが、万が一の際も安心です。飛散防止効果を得るためには、50ミクロン以上の製品が有効。厚みを確認したうえで製品を選ぶようにしましょう。

ビビッドでは、一般家庭はもちろん、オフィスや工場、学校からのご依頼も承っています。お問い合わせはお気軽に!

断熱フィルム、飛散防止フィルムのことならフィルム施工専門のビビッドへ
Tel 045-594-0501 / 電話受付時間 9:00~20:00
webからのお問い合わせは24時間受け付けています
メールの方はこちら

断熱フィルムで快適な生活を
断熱フィルムの効果と選び方
お勧め断熱フィルム・料金
飛散防止フィルムで2次災害防止
飛散防止フィルムの効果と選び方
お勧め飛散防止フィルム・料金
PICKUP
フィルムに関するお悩みとアドバイス
施工事例集
専門業者だからできる施工手順
  • よくあるご質問と回答
  • 防犯フィルム施工専門NAVI


Copyright © 飛散防止・断熱フィルムおまかせWEB All Rights Reserved.

このページの上まで戻る

このページの上まで戻る