飛散防止フィルムの効果と選び方


飛散防止フィルムの優れた効果

当サイト「飛散防止・断熱フィルムおまかせWEB」を運営するビビッドが、飛散防止フィルムの効果をご説明します。

飛散防止フィルムの選び方はこちら

飛散防止フィルムは、文字どおりガラスが割れたときの飛散を防ぐために貼り付けるフィルムのことで、主に防災対策として用いられています。

地震や台風などでガラスが割れても破片が飛び散ることがないため、周囲にいる人のケガを防げます。災害後の避難時において安全を確保できるのもポイントです。

また、お子さんやお年寄りは転倒するなどして窓にぶつかりガラスが割れることも考えられます。そういったケースでのケガを防止するためにも、飛散防止フィルムは有効です。

どんな飛散防止フィルムを選べばいい?

  • 地震が来て、窓ガラスが割れたら
  • 子供が遊んでいて窓ガラスにぶつかったら
  • おじいちゃんが転んで窓ガラスに衝突したら

ご自宅の窓ガラスの安全対策は十分ですか?最近では、防災対策の一環として窓ガラスに飛散防止フィルムを貼るご家庭が増えています。ですが、様々なメーカーが飛散防止フィルムを販売しており、その種類・価格も多岐にわたるため、最適なフィルムを選べていないご家庭も多いようです。

  • いろんな製品があるから、どれを選べばいいのか分からない
  • うちにぴったりの製品ってどれ?

このようにお考えのみなさまのため、以下では「飛散防止フィルムの選び方」をご紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

「ガラスの大きさによってフィルムの厚さを決める」

飛散防止フィルムは、万が一の災害などでガラスが割れてしまった際に効果を発揮します。しかし、ただ貼っていれば安心というわけではありません。ガラスが大きければ、それだけ割れたときの飛散量も多くなり危険度も上がります。

一般的な飛散防止フィルムの厚さは50ミクロンが主流ですが、大きなガラス(高さが2メートル以上のガラス)に50ミクロンのフィルムを貼っても、必ずしも安心だとは言い切れません(これは、数多くの施工実績に基づく当社の判断です)。

飛散防止フィルムを選ぶ際は、窓ガラスのサイズによって厚みを変えることをおすすめします。

当社では、飛散防止フィルムの施工によって確実に安全が確保されるよう、50~200ミクロンのフィルムのなかから窓ガラスの大きさ・種類に応じて最適なフィルムをご提案しています。お見積もりのためにお伺いする際に、ガラスのサイズはもちろん種類や厚みなどもお調べして、アドバイスさせていただきます。

ビビッドでは、一般家庭はもちろん、オフィスや工場、学校からのご依頼も承っています。お問い合わせはお気軽に!

断熱フィルム、飛散防止フィルムのことならフィルム施工専門のビビッドへ
Tel 045-594-0501 / 電話受付時間 9:00~20:00
webからのお問い合わせは24時間受け付けています
メールの方はこちら

断熱フィルムで快適な生活を
断熱フィルムの効果と選び方
お勧め断熱フィルム・料金
飛散防止フィルムで2次災害防止
飛散防止フィルムの効果と選び方
お勧め飛散防止フィルム・料金
PICKUP
フィルムに関するお悩みとアドバイス
施工事例集
専門業者だからできる施工手順
  • よくあるご質問と回答
  • 防犯フィルム施工専門NAVI


Copyright © 飛散防止・断熱フィルムおまかせWEB All Rights Reserved.

このページの上まで戻る

このページの上まで戻る