防犯・断熱・飛散防止ほか各種窓ガラスフィルムの神奈川「株式会社 ビビッド」、「お役立ち情報」

Icon Tel045-594-0501

Icon Mailお問い合わせ

Icon Tel045-594-0501

Icon Mailお問い合わせ

飛散防止フィルムの効果と選び方

Information

防犯・断熱・飛散防止・目隠しほか各種窓ガラスフィルムを取扱う神奈川の「株式会社 ビビッド」。こちらでは当社のお勧めのフィルムやその料金、選定する際のポイントなど、さまざまなお役立ち情報を発信しています。気になる情報がありましたらお気軽にお問い合わせください。

2020/03/26

飛散防止フィルムの効果と選び方

飛散防止フィルムの効果と選び方

●飛散防止フィルムの優れた効果

防犯・断熱・飛散防止・目隠しほか各種窓ガラスフィルムを取扱う神奈川の「株式会社 ビビッド」が、飛散防止フィルムの効果をご説明します。

文字どおりガラスが割れたときの飛散を防ぐために貼り付けるフィルムが「飛散防止フィルム」です。主に防災対策として用いられています。

地震や台風などでガラスが割れても破片が飛び散ることがないため、周囲にいる人のケガを防げます。災害後の避難時において安全を確保できるのもポイント!

また、お子さんやお年寄りは転倒するなどして窓にぶつかりガラスが割れることも考えられます。そのようなケガ防止のためにも、飛散防止フィルムは有効といえます。

飛散防止フィルムの効果と選び方

●結局、どんな飛散防止フィルムを選べばいいの?

・急な地震で、窓ガラスが割れたら……
・子どもが遊んでいる際に窓ガラスにぶつかったら……
・おじいちゃんが転んでしまい窓ガラスに衝突したら……

ご自宅の窓ガラスの安全対策は十分といえるでしょうか?最近では、防災対策のために窓ガラスに飛散防止フィルムを貼るご家庭が増えています。しかし、様々なメーカーが飛散防止フィルムを販売して、その種類・価格もたくさんあるため、ご自身の状況に最適なフィルムを選べていないご家庭も多いようです。

・たくさん製品があるから、どれを選べばいいのだろう……
・うちに最適な製品ってどれだろう?

そんな方々のため、以下では「飛散防止フィルムの選び方」をご説明していますので、ぜひ参考にしてください。

飛散防止フィルムの効果と選び方

●POINT!「ガラスの大きさによってフィルムの厚さを決める」

万が一の災害などでガラスが割れてしまった際に効果を発揮するのが「飛散防止フィルム」です。しかし、ただ貼れば安心というわけではなく、ガラスが大きくなるにつれて割れたときの飛散量も多くなり危険度も上がります。

一般的な飛散防止フィルムの厚さは50ミクロンが主流ですが、大きなガラス(高さが2メートル以上のガラス)に50ミクロンのフィルムを貼っても、必ずしも安心だとは言い切れません(これは、数多くの施工実績に基づく当社の見解です)。

ゆえに、窓ガラスのサイズによって厚みを変えて、飛散防止フィルムを選ぶことをおすすめします!

当社では、飛散防止フィルムの施工によって確実に安全が確保されるよう、50~200ミクロンのフィルムのなかから窓ガラスの大きさ・種類に応じて最適なフィルムをご提案。お見積もりのためにお伺いする際に、ガラスのサイズはもちろん種類や厚みなどもお調べして、アドバイスいたします。

一般家庭はもちろん、オフィスや工場、学校からのご依頼も承っていますので、ビビッドへぜひお気軽にお問い合わせください!